神奈川県に住んでいてマンション修繕を経験した

工事中は騒音や不便なこともあって終わるまで大変

マンション修繕(神奈川) | マンション大規模修繕工事の相談

住んでいるマンションが築20年目で修繕工事が入る工事中は騒音や不便なこともあって終わるまで大変工事完了後は新築のように綺麗で快適に

いつでもそこにいるわけではないのですが、生活をしていく中で邪魔だと思える瞬間があります。
今回のマンション修繕では窓の周辺でも作業を行うということで、網戸の取り外しをするようにという通達もありました。
いままで張替えで一時的に外すことはあっても、長期にわたって外しておくというのは始めてです。
たった一枚の網戸がないだけで、なんだか窓を見ていると寂しいというか不安な気持ちになってきました。
しかしそれ以上に困ったのは、換気が出来ないことです。
夏も近づき気温が高くなってくると、部屋にこもった熱気を換気するために網戸は必需品です。
窓を開けても換気は出来ますが、虫が入り込んでくる心配があって、安心できません。
だから、必然的にいつもよりも窓を閉めたままの状態になってしまいます。
高くなった室温に、不快感が増して一刻も早く、マンション修繕が終わって欲しいという気持ちで一杯になりました。
それでも作業には決められたスケジュールがありますから、じっと終わるの我慢するしかありませんでした。
かなり作業をする箇所が多いということで、今回のマンション修繕は最初から最後までやりきるまでには半年もかかりました。
その間、騒音に悩まされたり、廊下を歩いていて足場を固定する金具を避けたりなど、不便なことが多かったです。